伝え方が9割。

「ママさんサークルに顔を出し始めたら新しい出会いがあるから身なりを整えよう!」と、なけなしの洒落っ気を携え美容室に行き、生まれて初めて茶髪に染めたのが5ヶ月ほど前。結局ママさんサークルには馴染めず顔を出さなくなり、髪は伸び放題(そもそも普段からお手入れなんかしないのだから、いつもの通りだけど。)綺麗に染まっていた髪も黒いところが増えて、まだらになってしまった。

 

いくらズボラでも、これはカッコ悪い。黒なら黒。茶色なら茶色でないと気が収まらない。さっそく最寄りの美容室に予約を入れた。

 

美容師さんに、「茶色くなったところを黒に染め直して、結べるくらいの長さを残して整えてもらえますか?」とオーダー。美容師さんも承知しました、といってカットから始めたのだけど、どうやらボブにしてもらえるらしい。私、外側に跳ねる髪質だからボブ難しいと思うけどな~…… と内心思いつつも黙っていたら、そんな心を察知したのか美容師さんが

 

「正直、後ろは跳ねててもそんなに見えないからいいですけど、サイドはきちんと内側に向かってないとですよね~。」

 

あはは、そうですね~…… なんて話を合わせたけど、それはどういう意味だ⁈確かに自分で自分の後ろ側は見えないけど、他人から見られたら恥ずかしいよ!なにそれ!

 

なんだかモヤモヤした気持ちのままカットが終わり、染めの作業に移りシャンプー・ブローまで終わった段階で「いかがでしょう、後ろ側も結べるくらい残ってますよ。」と言われたので自分も手を回してみたら、うん!結べるけど、ギリギリじゃん‼‼‼(↑ω↑)最近、大きめのシュシュ買ったばかりだったのに、これでは使えないよ……

 

染めのほうは問題なかったのですが、もうちょっと上手く伝えたら良かったのかなぁと、少々わだかまりの残るカットでした;もうしばらく美容院いかなくていいや。